So-net無料ブログ作成

〆は、「炊きたてのご飯」! [グルメ]

RIMG1068.jpg








RIMG1020.jpg



RIMG1022.jpg



RIMG1021.jpg

この日は、中央線東中野駅近くの“しもみや”にお邪魔しました。




RIMG1029.jpg



RIMG1032.jpg

いきなりお酒です。




RIMG1024.jpg

広島県東広島市の亀齢酒造「亀齢 辛口純米 八拾 80%精米」です。
キレと酸味がほどほどの辛口です。


肴は、コースでお願いしました。





RIMG1028.jpg

まずは、「鯛の卵」です。
ほんのりと温かく、滑らかな舌触り、針生姜がアクセントです。




RIMG1035.jpg

続いてのお酒は、長野県大町市の北安酒造「居谷里(いやり) 山廃純米吟醸 ひとごこち55%精米」、
吟醸らしく香りが高く、さわやかな甘みが広がります。




RIMG1037.jpg

次の一皿は・・・





RIMG1039.jpg

「出汁巻き」と「ホタルイカ」





RIMG1040.jpg

「馬肉のニンニク醤油漬け」と「タケノコ木の芽和え」




RIMG1042.jpg

「モズク」と「うるいのおひたし」そして「ホウズキ」です。
ホウズキが甘くて美味しかったです。




RIMG1046.jpg

お酒は、秋田県湯沢市の木村酒造「福小町 特別純米 生原酒 55%精米」です。
濃い味わいのお酒です。




RIMG1051.jpg

次の酒は、栃木県大田原市の渡邉酒造「旭興 特別純米 無濾過生原酒 直汲 55%精米」です。




RIMG1052.jpg

お刺身は、「鰺」と「カツオ」です。




RIMG1054.jpg

ここでご飯の準備です。
一人ずつ、釜で炊きあげます。




RIMG1062.jpg

その前に揚げ物です。

「カタクリ」、「コシアブラ」、「行者ニンニク」、「菜の花」です。




RIMG1055.jpg

「天ぷら」は塩でいただきます。
カラッと揚がって、旨い! 




RIMG1059.jpg

お酒は、千葉県長生郡一宮町の稲花酒造「上総の国一の宮 純米吟醸 無濾過生原酒 60%精米」です。



RIMG1060.jpg

マスターの同級生の蔵元さんです。




RIMG1067.jpg

〆のご飯が炊きあがりました。




RIMG1069.jpg

菜は、「サワラのチーズ乗せ」と「漬け物」




RIMG1072.jpg



RIMG1073.jpg



RIMG1074.jpg

そして、「蕪の味噌汁」です。



RIMG1076.jpg



RIMG1079.jpg



RIMG1080.jpg

炊きたてのご飯、おこげも軽めにあって、美味しかったです。


ご馳走様でした。

nice!(75)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 75

コメント 3

monkey

一人分のごはん炊くのって、結構難しいと思うんだけど
さすがはプロですねぇ。
おつまみ」、いずれも美味しそう!
by monkey (2016-04-06 23:42) 

ぼんぼちぼちぼち

ホウズキ食べてみたいでやす。
ふつーにホウズキ市とかで売られるヤツとはちょっと違うホウズキなのかな?
by ぼんぼちぼちぼち (2016-04-08 21:08) 

newton

monkeyさま、コメントを有り難うございます。炊きたてのご飯は美味しいですね。自分では炊けないだろうなぁ。

ぼんぼちぼちぼちさま、コメントを有り難うございます。ホウズキ市のホウズキと同じかどうかはわかりませんが、お店ではあまり見かけない気がしますね。
by newton (2016-04-09 12:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0