So-net無料ブログ作成

小澤酒造蔵開きを楽しむ! [グルメ]

L-RIMG4382.jpg

10月21日(土)、この日は年に一度の蔵開き、東京都青梅市沢井にある小澤酒造に出かけました。








s-RIMG4300(小).jpg


s-RIMG4301(小).jpg

西武線を乗り継いで、所沢から東村山、小川へ。







s-RIMG4302(小).jpg

そこから拝島線で拝島へ行き、JR青梅線で沢井駅へ向かいました。







s-RIMG4303(小).jpg

参加したのは6人、いつものメンバーです。







s-RIMG4305(小).jpg

沢井駅近くの小澤酒造受付で1,000円を払って、満喫セットを購入しました。
これには猪口が入っています。








s-RIMG4307(小).jpg



s-RIMG4309(小).jpg



s-RIMG4312(小).jpg



s-RIMG4313(小).jpg

雨だったこともあり、それほど並ばずに、酒蔵に入ることができました。






s-RIMG4311(小).jpg




s-RIMG4315(小).jpg

まずは、「しぼりたて 本醸造」から試飲開始です。








L-RIMG4316.jpg
L-RIMG4317.jpg

昼酒の一杯目、スッーとしたのど越し、胃袋に染みます。








L-RIMG4319.jpg
L-RIMG4320.jpg

次は、ピンぼけですが「元禄 純米酒」です。
純米酒らしい米の旨みを感じます。








L-RIMG4321.jpg
L-RIMG4322.jpg

3杯目は、澤乃井の定番のお酒「大辛口 純米」です。
安定した美味しさですね。







L-RIMG4324.jpg
L-RIMG4325.jpg

次は、「純米吟醸 蒼天」です。
純米吟醸らしい香りとサラッとしたのど越しです。







s-RIMG4323(小).jpg

お酒は11種類ですが、あまり早く回ると、酔いも回るので、ペースを調節しながら進みます。








s-RIMG4326(小).jpg



s-RIMG4327(小).jpg

途中に配置された「仕込み水」で喉を洗います。
まろやかな美味しいお水です。







L-RIMG4328.jpg
L-RIMG4329.jpg

「東京蔵人 生もと純米吟醸」です。
生もとらしい旨みを感じます。








L-RIMG4331.jpg
L-RIMG4333.jpg

「澤乃井 大吟醸」です。








L-RIMG4335.jpg
L-RIMG4334.jpg

続いて、「澤乃井 純米大吟醸」です。
華やかな香りです。







s-RIMG4330(小).jpg



s-RIMG4336(小).jpg

「大吟醸 凰(こう)」です。







L-RIMG4338.jpg
L-RIMG4339.jpg

“梵”を引き継いだ大吟醸です。






s-RIMG4340(小).jpg




L-RIMG4341.jpg
L-RIMG4342.jpg

「一番汲み 本醸造」です。








L-RIMG4343.jpg
L-RIMG4345.jpg

   「純米生原酒 しぼりたて」と     〆には、「梅酒 ぷらり」です。
                       爽やかな酸味が口の中をサッパリとさせます。







s-RIMG4346(小).jpg








s-RIMG4364(小).jpg

試飲の後は、食事です。








s-RIMG4363(小).jpg

小澤酒造の「豆らく」にお邪魔しました。







s-RIMG4352(小).jpg

この日は、限定ランチの「蔵開き特製御膳」(1,600円)のみのメニューでした。








L-RIMG4354.jpg
L-RIMG4355.jpg




L-RIMG4356.jpg
L-RIMG4357.jpg




L-RIMG4358.jpg
L-RIMG4359.jpg



L-RIMG4361.jpg
L-RIMG4362.jpg

ご飯やお吸い物のほかに、酒の肴になるものが並びます。








s-RIMG4348(小).jpg




s-RIMG4351(小).jpg

お酒は、「澤乃井 大辛口」、お通しもつきます。








s-RIMG4365(小).jpg




s-RIMG4367(小).jpg

食後は、小澤酒造チャーターの西東京バスで御嶽駅に向かいます。






s-RIMG4369(小).jpg




s-RIMG4371(小).jpg




s-RIMG4374(小).jpg




s-RIMG4376(小).jpg





s-RIMG4389(小).jpg

ここから、多摩川を越えて、小澤酒造の姉妹店「いもうとや」に向かいます。









L-RIMG4378.jpg
L-RIMG4379.jpg

まずは、入り口にあった「吟醸原酒 16年古酒 壷禄(koroku)」を購入です。








s-RIMG4381(小).jpg

一杯、300円、味見をしなければなりません。

紹興酒のような香りと味で、濃厚ですが、品が感じられます。







s-RIMG4384(小).jpg

玉川を望めるお店に入って、肴を注文です。








s-RIMG4386(小).jpg

「湯葉刺し」







s-RIMG4387(小).jpg

「奥多摩特産 わさび漬け」








s-RIMG4388(小).jpg

「燻製チーズとクラッカー」です。








s-RIMG4385(小).jpg

お酒は、「蒼天」と「本醸造生酒」をいただきました。









s-RIMG4392(小).jpg




s-RIMG4394(小).jpg

多摩川では、カヌーの練習が行われていました。








s-RIMG4398(小).jpg





s-RIMG4399(小).jpg

雨が降って水量も多く、練習には良かったのではないでしょうか?








s-RIMG4401(小).jpg

そこから歩いて御嶽駅に行きます。







s-RIMG4403(小).jpg



s-RIMG4406(小).jpg

快速・東京行きに乗車です。

小生は、拝島でおり、西武線を乗り継いで帰りました。

昼から心地よく酔わせていただきました。

ご馳走様でした。




nice!(64)  コメント(4) 

nice! 64

コメント 4

甘党大王

一度いってみたいのですが・・・タイミングが悪く残念です。
いいなぁ~~~!!
by 甘党大王 (2017-10-26 00:47) 

さる1号

渓流を眺めながら湯葉刺しで一杯
風情あっていいなぁ
行ってみたいな
by さる1号 (2017-10-26 06:47) 

チャー

同じく、 お酒の話題でしたね(^^)
私は 蔵 市でしたが 蔵開きは また 厳かな空気に包まれていますね
美味しいお酒 頂きましたね
by チャー (2017-10-27 18:58) 

newton

甘辛大王さま、コメントを有り難うございます。ちょっと遠いのが欠点ですが、水と空気が美味しいので、チャンスがあれば参加してみてください。

さる1号さま、コメントを有り難うございます。天気がよければ最高なのですが・・・。結構な確率で天気が悪いです(涙)。

チャーさま、コメントを有り難うございます。蔵開きは、一つの蔵元の色々な種類のお酒を飲めるのが良いですが、色々な蔵元のお酒を飲むのも楽しいですね。

by newton (2017-10-29 12:57) 

Facebook コメント