So-net無料ブログ作成

「秋刀魚 原始焼き」で一杯! [グルメ]

RIMG3028.jpg













RIMG3049.jpg

この日は、地元の居酒屋“晴れのち晴れ”にお邪魔しました。









RIMG3016.jpg

まずは、「シャリ金黒ホッピー割り」で乾杯です。









RIMG3017.jpg

お通しは、「筑前煮」です。








RIMG3019.jpg

肴は、「椎茸のたたき」です。







RIMG3020.jpg

揚げた椎茸を、タマネギとポン酢でいただきます。








RIMG3022.jpg

揚げた椎茸は、焼いたものとはひと味違って、甘みがあり美味しいです。








RIMG3025.jpg

そして、「秋刀魚 原始焼き」です。








RIMG3018.jpg

炉端焼きみたいに、炭火の遠火で焼くのですね。
だから“原始焼き”なのかもしれません。
目の前にあったので、やっと分かりました。









RIMG3034.jpg

炭火焼きの秋刀魚は旨い!
シンプルだけど旨い調理法です。








RIMG3046.jpg

「おばんざい 三品」です。









RIMG3038.jpg

左から、「根三つ葉とお揚げのお浸し」です。
シャキッとした食感の根三つ葉が良いですね。








RIMG3039.jpg

「ニンジンとツナのシリシリ」です。
ニンジンの食感が美味しいです。









RIMG3042.jpg

「秋茄子ポロネーゼ マカロニサラダ」です。
これもお酒が進みます。








RIMG3047.jpg

そこで「酎ハイ」です。








RIMG3048.jpg

〆に「あら汁」をいただきました。








RIMG3050.jpg

ご馳走様でした。


タグ:椎茸 秋刀魚
nice!(43)  コメント(1) 

日清「THE NOODLE TOKYO AFURI 冬限定 柚子塩らーめん まろ味」を食す! [グルメ]

DSC_4869.jpg

2019年11月発売の「日清 THE NOODLE TOKYO AFURI 冬限定 柚子塩らーめん まろ味」をコンビニで見つけて購入しました。








DSC_4870.jpg

DSC_4871.jpg

「日清 THE NOODLE」シリーズは、洗練された独自の世界観を持つラーメン店が監修するカップ麺で、これは「AFURI」代表の中村 比呂人 (ひろと) 氏監修によるお店で一番人気のメニュー「柚子塩らーめん」の "まろ味"です。









DSC_4879.jpg

「AFURI」は、神奈川県の丹沢にある“阿夫利神社”から名付けたそうです。









DSC_4876.jpg

上蓋をめくると、具材の「炙りチャーシュー」、「メンマ」、「ネギ」が見えます。
お湯を注ぐと、柚子の香りがパァーと広がります。








DSC_4877.jpg

そして、4分+30秒、間違って、さらに1分追加したかもしれません(汗)。








DSC_4880.jpg

上蓋をめくります。
「炙りチャーシュー」が美味しそうですね。









DSC_4881.jpg

これに「芳醇香油」をたらします。








DSC_4882.jpg

良くかき混ぜて完成です。
スープは、鶏ガラをベースに魚介系素材のうまみを合わせたスープで、「芳醇香油」を加えることで、コクと旨みが増します。









DSC_4883.jpg

麺は極細ストレートで、スルッと喉を通ります。
四角い「炙りチャーシュー」が、存在感もあり、結構美味しいです。







DSC_4886.jpg

もちろんスープも完食!








DSC_4872.jpg

爽やかな香りの「柚子塩らーめん」でした。

ご馳走様でした。










nice!(51)  コメント(1) 

「真河豚 白子天ぷら」で一杯! [グルメ]

RIMG2985.jpg













この日は、地元にある居酒屋“日本海庄や”にお邪魔しました。






RIMG2968.jpg

まずは、「黒ホッピー割り」で乾杯です。







RIMG2969.jpg

お通しは、「タコと茎山葵の和えもの」です。







RIMG2972.jpg

コリコリとしたタコの食感とシャキシャキとしたピリ辛の茎山葵が美味しいです。








RIMG2970.jpg

“霜月 旬のおすすめ”から・・・







RIMG2975.jpg

「かわはぎ薄造り」、ポン酢でいただきます。







RIMG2976.jpg

RIMG2980.jpg

淡白な味ですが、さっぱりとした魚の旨みがあります。







RIMG2988.jpg

肝を溶いてつけると、濃厚な味わいになります。

酒が進みます!








RIMG2971.jpg

続いて、11月の“山陰山陽フェア”から・・・








RIMG2987.jpg

「真河豚 白子天ぷら」です。







RIMG2984.jpg

白子の季節ですね。







RIMG2993.jpg

こちらは、トロッとほくほくと美味しいです。







RIMG2998.jpg

「親鶏つくね焼き 黄身添え」です。







RIMG2995.jpg

コリっとした食感のつくねが美味しいです。







RIMG2996.jpg

RIMG3003.jpg

甘めのタレと黄身の優しさ、良いマッチングです。







RIMG3006.jpg

飲み物は、「ブラックニッカハイボール」です。
「角ハイ」や「宝酎ハイ」も良いのですが、ちょっと甘いと感じていたので、こちらのほうがスッキリとして好みです。








RIMG3012.jpg

久しぶりに「エイヒレ炙り焼き」です。
マヨネーズは必須です。







RIMG3011.jpg

七味をつけていただきました。







RIMG3014.jpg

焼いて甘みのあるエイヒレにピリ辛マヨネーズが合います。

ご馳走様でした。

nice!(53)  コメント(7) 

「自家製つくね」で一杯! [グルメ]

RIMG2960.jpg














RIMG2966.jpg

この日は、池袋駅西口、マルイ近くにある“やきとんひなた池袋西口店”にお邪魔しました。








RIMG2940.jpg

まずは、「白ホッピー割り」で乾杯です。








RIMG2943.jpg

肴は、「麻辣ネギの冷奴」です。








RIMG2953.jpg

麻辣味のネギがピリ辛で酒が進みます!









RIMG2964.jpg

そして、カウンターに座り、「やきとん6本盛り合わせ」を注文です。









RIMG2945.jpg

まずは「レバー」です。








RIMG2946.jpg

トロットロの食感で、美味しいレバーです。










RIMG2949.jpg

続いて、左から、「テッポウ」、「ハツ」、「軟骨」です。








RIMG2950.jpg

この「軟骨」が、コリコリとして美味しいです。








RIMG2947.jpg

「テッポウ(豚の直腸)」は、モチッとした食感が魅力です。









RIMG2951.jpg

「はらみ」です。









RIMG2952.jpg

「たんした」、舌の付け根の部位、これも美味しいです。









RIMG2954.jpg

飲み物は、「下町ハイボール」、独特の甘さが美味しいです。








RIMG2963.jpg

串焼きの追加です。









RIMG2955.jpg

「肉巻き新生姜」です。









RIMG2956.jpg

シャキッと食感とスッキリとした生姜の味わいが凄く美味しいです。










RIMG2961.jpg

次の飲み物は、「ラッキーハイボール」です。








RIMG2959.jpg

そして、「自家製つくね」です。









RIMG2962.jpg

中身はトロッと、レアな仕上がりで、お酒が進みます。








RIMG2967.jpg

今宵も満足!

ご馳走様でした。








DSC_4868.jpg

朝、赤羽駅で京浜東北線を待っていると、ピーという汽笛が聞こえます。
顔を上げると、EFに牽引された「カシオペア」が通過していきました。
何とか1枚、写真を撮りました。
臨時の列車が出ているので、その戻り列車かもしれませんね。
朝から一人で盛り上がりました(笑)。

nice!(61)  コメント(3) 

「鴨のレバーペースト」で一杯! [グルメ]

RIMG2905.jpg














RIMG2856.jpg

この日は、池袋東口にある“万事快調”にお邪魔しました。








RIMG2858.jpg

まずは、本日の10タップから選びます。









RIMG2860.jpg

北海道の登別地ビール「鬼伝説 登別東インターIPA」です。
やや濁ったビールで、柑橘系の酸味を感じる味ですが、苦みもあって美味しいです。









RIMG2861.jpg

お通しは、ホッコリと「茶碗蒸し」です。









RIMG2862.jpg

肴は、「トコブシ醤油煮」です。








RIMG2863.jpg

身は歯ごたえがありますが、味が染みていて美味しいです。









RIMG2867.jpg

肝の苦味も良いですね。









RIMG2868.jpg

「柿とほうれん草の胡麻酢かけ」です。









RIMG2869.jpg

柿の甘さに胡麻酢の甘酸っぱさが加わり、ほうれん草の食感が美味しいです。
甘くても酒の肴になります。


ここで日本酒です。









RIMG2875.jpg

石川県珠洲市の宗玄酒造「宗玄 純米 無濾過生原酒 八反錦55%精米」の冷酒です。









RIMG2885.jpg

そろそろ季節の「下仁田葱焼き」です。








RIMG2880.jpg

味噌をつけていただきます。









RIMG2889.jpg

下仁田葱の甘さに味噌の塩加減が絶妙に美味しいです。
削り節が味に深みを与えています。









RIMG2888.jpg

お酒は、「宗玄 純米 雄町 無濾過原酒 55%精米」の燗酒です。









RIMG2902.jpg

島根県出雲市の旭日酒造「十字旭日 純米吟醸 生原酒 改良雄町 60%精米」の燗酒です。









RIMG2891.jpg

肴は、「酒肴三趣盛り」です。








RIMG2899.jpg

右から、「椎茸有馬煮」です。









RIMG2903.jpg

甘辛く煮付けられた椎茸、山椒が利いて美味しいです。










RIMG2893.jpg

「あん肝味噌」、定番の旨さです。









RIMG2907.jpg

あん肝と味噌の塩梅が最高です。
舐めて呑んで、無限ループの肴です(笑)。









RIMG2895.jpg

「鴨のレバーペースト、クラッカー添え」です。









RIMG2910.jpg

意外とクセの無い鴨のレバーペーストです。
これも酒が進みます。









RIMG2911.jpg

神奈川県足柄上郡山北町の川西屋酒造「丹沢山 凛峰 山廃 純米 備前雄町 生原酒 60%精米」の常温です。
「あん肝味噌」や「鴨のレバーペースト」に合いますね。

ご馳走様でした。


nice!(61)  コメント(6) 

〆は、グラッパ「TAJON」をマイグラスで! [グルメ]

RIMG2932.jpg












RIMG2913.jpg

この日は、東武東上線上板橋駅北口近くのワインバー“すしやあづまニカイ”にお邪魔しました。







RIMG2914.jpg

まずは、カールスバーグの瓶ビールで乾杯です。







RIMG2916.jpg

お通しは、「バケット」です。







RIMG2917.jpg

肴は、「生ハムサラミ盛り合わせ」のハーフサイズです。







RIMG2918.jpg

ハーフサイズでもボリュームがありますね。







RIMG2919.jpg

辛いものもあり、バラエティーのある盛り合わせです。

ここで白ワインです。







RIMG2921.jpg

「Borgo Scopeto(ボルゴ・スコペート)」です。







RIMG2920.jpg

シャルドネ85%、ゲヴェルツトラミネール15%、サッパリとしていますが、ゲヴェルツの旨みを感じさせます。







RIMG2923.jpg

「溺れダコ」です。







RIMG2925.jpg

塩胡椒、イタリアンパセリのお皿に、レモンを搾っていただきます。







RIMG2924.jpg

ほどよい噛み応えにシンプルな味付けですが、酒の肴に最適です。








RIMG2930.jpg

「Don Yommasi(ドン・トマーシ)です。







RIMG2929.jpg

グリッロ50%、シャルドネ50%の白ワイン、バランスの良い美味しいワインです。







RIMG2933.jpg

〆は、グラッパ「TAJON(タヨン)」です。
口当たりも香りも良い、ぐいぐい飲めてしまう危ないグラッパです。
40度ありますが…。







RIMG2935.jpg

滑らかな口当たりと豊かな香りのグラッパです。
もちろん、預けてある”マイショットグラス”でいただきました。







RIMG2936.jpg

水も大事ですね。







RIMG2938.jpg

つまみは「ミックスナッツ、トリュフ塩かけ」です。
いつもより多い、普通サイズのナッツです。

ご馳走様でした。


nice!(55)  コメント(3) 

「ヒラタケの天ぷら」で一杯! [グルメ]

RIMG2851.jpg












RIMG2854.jpg

この日は、地元の居酒屋“晴れのち晴れ”にお邪魔しました。









RIMG2828.jpg

まずは、珍しく日本酒からスタートです。

福島県会津若松市の宮泉銘醸「宮泉 純米吟醸 火入れ 山田穂 50%精米」で乾杯です。









RIMG2827.jpg

メロンのような爽やかな甘さが、サッと広がり消えていく呑みやすいお酒です。









RIMG2830.jpg

お通しは、「肉豆腐」です。









RIMG2831.jpg

肴は、「あん肝だし醤油漬け」です。









RIMG2832.jpg

“あん肝”をだし醤油に漬けたもので、ポン酢とは違った醤油の味わいが美味しいです。









RIMG2836.jpg

日本酒に合いますね。









RIMG2839.jpg

さらに、愛知県津島市の長珍酒造「長珍 ひやおろし原酒 H30BY純米吟醸 生詰 麹米:山田錦50%精米、掛米:山田錦55%精米」です。









RIMG2837.jpg

こちらは生詰らしい、ふくよかな味わいです。









RIMG2840.jpg

「ヒラタケの天ぷら」です。









RIMG2842.jpg

抹茶塩をつけていただきます。








RIMG2844.jpg

ヒラタケの天ぷらの甘さを引き締めます。








RIMG2849.jpg

一人ではちょっと多かったかも・・・。









RIMG2852.jpg

飲み物は、「酎ハイ」です。










RIMG2853.jpg

〆に「シジミ汁」をいただきました。









RIMG2855.jpg

ご馳走様でした。


nice!(58)  コメント(2) 

東洋水産「セブンプレミアム 蔦 味噌Soba」を食す! [グルメ]

DSC_4731.jpg

2019年10月15日発売の東洋水産「セブンプレミアム 蔦 味噌Soba」をセブンイレブンで見つけて購入しました。








DSC_4732.jpg

1年前にも発売されていましたが、その復刻版ですが、去年とは違った仕上がりのようです。








DSC_4733.jpg

「味噌Soba」の味に期待です。








DSC_4735.jpg

「特製油」を外します。









DSC_4737.jpg

上蓋をめくると、具材の豚肉、メンマ、ネギが見えます。








DSC_4738.jpg

お湯を入れて3分+30秒待ちます。









DSC_4740.jpg

上蓋をめくっても、思ったほど味噌の香りはしませんでした。








DSC_4741.jpg

良くかき混ぜます。







DSC_4742.jpg

ここに「特製油」を投入します。








DSC_4746.jpg

良くかき混ぜて完成です。








DSC_4744.jpg

まずは、スープを一口・・・
“味噌”とは言いながら、それほど味噌感は感じませんが、原材料名に、チキンエキス、魚介エキス、ポークエキス、こんぶエキス、発酵調味料と書かれているので、そこで味噌風味を出しているのでしょうか。
でも、美味しいスープでした。









DSC_4748.jpg

麺は、油揚げ麺で程よい太さの角刃の平打ち麺で、コシもあり美味しい麺です。








DSC_4751.jpg

スープも麺も美味しくいただきました。








DSC_4734.jpg

ご馳走様でした。


タグ: 味噌Soba
nice!(57)  コメント(0) 

「雪室熟成 牛ステーキ 焼き茸添え」で一杯! [グルメ]

RIMG2737.jpg











この日は、地元にある居酒屋“日本海庄や”にお邪魔しました。
(10月に出かけたので、今とはメニューが違っています。)






RIMG2719.jpg

まずは、「黒ホッピー割り」で乾杯です。







RIMG2720.jpg

お通しは、「鶏肉とサツマイモ、大豆の煮物」です。
サツマイモのほんのりとした甘さが美味しいです。







RIMG2716.jpg

肴は、10月の“甲信越フェア”から二品・・・







RIMG2721.jpg

まずは、新潟産 「岩もずく酢」です。






RIMG2723.jpg

良く混ぜ合わせていただきます。







RIMG2726.jpg

ザクザクっとした歯ごたえが良いですね。
酢は控えめで、むせなくて嬉しいです(苦笑)。







RIMG2727.jpg

もう一つは、「新潟 雪室熟成 牛ステーキ 焼き茸添え」です。







RIMG2729.jpg

ほどよい噛み応えと熟成肉の旨みが口中に広がります。







RIMG2733.jpg

茸は舞茸とシメジ、良い香りです。







RIMG2738.jpg

タレをかけて美味しくいただきました。







RIMG2740.jpg

お酒が進みますね。







RIMG2742.jpg

RIMG2744.jpg

〆は、「板わさ 山葵昆布、山海漬け添え」です。







RIMG2748.jpg

山葵昆布を乗せていただきます。







RIMG2746.jpg

山海漬けも美味しいですね。








RIMG2752.jpg

飲み物は、「宝焼酎ハイボール」です。

ご馳走様でした。

nice!(60)  コメント(3) 

「メンチカツ」で一杯! [グルメ]

DSC_4702.jpg













DSC_4716.jpg

この日は、池袋駅東口にある“酒蔵 力”にお邪魔しました。







DSC_4688.jpg

まずは、「黒ホッピー割り」で乾杯です。







DSC_4689.jpg

お通しは、「白和え」と「じゃことクルミのあめ炊き」です。








DSC_4691.jpg

“酒蔵 力”と言えば、本店は埼玉県浦和、レッズの本拠地と言うことで、
レッズファンの店で有名です。
池袋の店内にも、さりげなく興梠選手との写真とサイン入り色紙が飾られていました。








DSC_4690.jpg

肴は、早く出てくる「冷奴」です。







DSC_4696.jpg

そして、「串盛り合わせ」6本をタレでいただきました。







DSC_4697.jpg

右から、「もも」、「かしら」、「タン」







DSC_4697.jpg

「はつ」、「カルビ」、「ネギマ」です。







DSC_4700.jpg

メインは、「力特製 メンチカツ」です。







DSC_4704.jpg

肉汁タップリのメンチカツは美味しいです!







DSC_4707.jpg

カラシとソースが旨さを引き立てます。







DSC_4711.jpg

酒が進みます。







DSC_4714.jpg

そこで「酎ハイ」をいただきました。

最後にヘビーなものを注文してしまいました(苦笑)。







DSC_4715.jpg

ご馳走様でした。

nice!(66)  コメント(6)